Trader Joe’sの秘密大公開!

大人気スーパーの「トレーダージョーズ」、略して『トレジョ』の秘密に迫ります!トレジョは在住者の方にとても人気なスーパーで愛用している方も多いのではないでしょうか?

YouTubeはこちら

トレーダージョーズとは…

カリフォルニアのロサンゼルス発のグロッサリーストアです。アメリカの大型スーパー(例えばWhole Foods)と違い、比較的中クラスサイズのスーパー。と言っても、日本のスーパーと同じぐらいなので、我々にとってはちょうど良いサイズだと思います。

現在店舗数は全米で500店舗に迫る勢いです。どこにでもあるわけではありませんが、都心には必ずあると思います。

トレジョが人気の秘密はおいしく、健康志向、安い!ということ。この上ない有難き庶民の味方スーパーです!

トレーダージョーズの秘密① オリジナリティーと希少性

ベジタリアンやビーガンの方は重宝されている方も多いとききますが、カリフラワーを使った商品(例えばニョッキやピザ)は元々はトレジョのオリジナルアイテムです!今では他のスーパーも真似して売っていますね。私もカリフラワーニョッキは食べてみましたが、とてもおいしかったです。

輸送システムも独自に確立されており、冷凍食品は一度も解凍されるような状況を作らずに運搬されてくるので、いつでも新鮮です。お魚もおいしく、またお値段も他のスーパーより安いと思います。

トレジョのお花は質がよい上に、他より安い!ということでとても人気です。驚くべきことに、買い物客の5人に一人がお花を購入しているという調査結果もあるそうです。

ほとんどの商品パッケージには、Trader Joe’sというブランドロゴがありますが、いくつかの輸入品や外国由来の商品についてはロゴがその地方の名前っぽくアレンジされています。
例えば、中華のものには “Trader Ming’s”、イタリアンのものには “Trader Gitto’s”となっています。他にもまだあるので、ぜひ訪れた際に探してみてくださいね!

トレジョのエコバッグは知っている人も多いはず!この鞄は日本でもたまに見かけますよね。ご当地デザインのエコバックはお土産にも人気です。

調味料をお土産にする人も多いと思います。特にこのレモンペッパーは、ステーキなどにかけて焼くととてもおいしいですよ★

トレジョで販売している商品の9割がオリジナル商品ですが、一部他のメーカーの商品を仕入れて販売しています。ローカルな食べ物も扱っています。私が訪れたトレジョではテキサス州の形をしたラックに飾られていました。

トレーダージョーズの秘密② ホスピタリティー

とにかくトレジョは店員さんが神様のように優しいんです!トレジョで働きたいな、なんて思っちゃいますよね。お話しするのが好きな方や社交性がある人を採用する傾向があるそうですよ。
お子様にとっても楽しいことがいっぱい!お子様に限り、レジでステッカーがもらえるのですが、大人な私も欲しいな(笑)

トレーダージョーズの秘密③ 発見と環境問題対策

食材を入れるこの袋、他のスーパーと違って肌触りがとてもいいです。

瓶類も他のスーパーに比べて、ガラスが薄くできているそうです。環境にやさしい他、重量も減るので運送コストがより安くすみ、また上に積み上げることもできるので保管倉庫スペースも節約できるというメリットがあります。

まとめ

今回のYouTube撮影にあたりトレジョのことを調べましたが、こだわりが多くて本当に驚きました。現在、他スーパーはオンラインショッピングを利用して何でも購入できますが、それを逆手に取り、行かなきゃ買えないという希少価値を高めたトレジョの戦略勝ちかなと思います。
今回のビデオの人気が出たら、ぜひ第二段を撮影したいなと思っているので、イイネボタンなどよろしくお願いします。

コメント