韓国式SPA「KING SPA」最後にお得にチケットを購入する方法も!

私、台湾ではよくマッサージに行っていましたが、アメリカは値段も高めなのでほとんど行けません…
その代わりオススメなのがKING SPA!韓国系のSPAで大浴場・サウナの他、ウォーターパーク(プール)もある大きな施設です。ブログの最後に入場券を安く購入する方法も載せておくので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

KING SPA

KING SPAはダラスだけではなくシカゴにもある、韓国式のSPAです。

入場券を買って(もしくは持参したチケットを見せる)靴を脱いで中に入ると、また再度小さなカウンターがあるので、そこで館内着を受け取ります。そして、更衣室(右下写真)で着替えます。さすがに更衣室の中の写真は撮っていませんが、鍵付きのロッカーがあるので、そこに着替えの他、鞄や靴を保管します。また、後述しますが更衣室奥に大浴場があります。

館内は横に広い感じになっていて、様々スポットがあり、まずは探険するのが良いかと思います。

韓国式SPAというだけに、激熱のサウナ、暖かくじんわり汗をかくサウナ、冷凍庫みたいな部屋など約7種類のタイプのお部屋があります。激熱のサウナは靴下を履いて入室してくださいと書いてありました。私はそこに10分ぐらいいて良い汗をかきました、気持ちよかった~♡

中に誰もいらっしゃらないタイミングで窓越しに写真も撮りました。たぶんスマホ入れたら、アウトな気がしたので注意してください。

昔、流行った足つぼができる廊下(下の写真)。痛かったー!そして、その奥にはFar Infrared Roomということでヒーリングルームのような暗めの部屋でおやすみできるようなスペースでした。

私たちはやりませんでしたが、マッサージルームなどもありました。当たり前だけど、台湾の3倍以上の値段ですよね…。。。でもいつかやりたいな!

館内ではご飯を食べれるスペースもあります。日本食のうどん系などもありました!こちらは動画で撮影。お水は無料です。

私たちは利用しませんでしたが、家族で利用できるようなラウンジもありました。

横になって寝れるようなスペースの他、Wi-Fiもあるのでパソコンを持参している人も見受けられました。私たちが滞在したのは約3時間ですが、半日ぐらいはここでのんびり過ごせそうです。

そして、この入口(下の写真)を入ると大きなウォーターパークがあります。今回、私たちのチケットはWATER PARKが含まれていないので遊んでいないですが、見た感じ、滑り台などもあって予想以上に広かったです。

プールやサウナなど、一通り終わったら、更衣室の奥に大浴場があります。久しぶりの大きなお風呂気持ちよかった~!!アメリカ人のお友達と日本人のお友達と行ったのですが、面白かったのがアメリカ人は熱いお風呂に長く入っていられない、せいぜい1分。対して、私たち日本人は「あぁ気持ち良い~」と言いながら熱いお風呂に長く入っていました。正直、私からしてみれば全然熱くないんだけど、現地人には耐えられないみたいでした。やはり日本人ってお風呂文化なんだな、と改めて思ったエピソードでした。
また、大浴場内には予約有料制で垢すりがありました(男性もあるのかな?)私、垢すり大好きなんですよね~終わったあと身体が軽くなる!(どんだけ溜まっているのか?)次回はやってもらいたい!

チケットを購入する方法

ずばり韓国系スーパーのHmart内カウンターで販売されています。

今回キャロルトン店を利用した時の映像を撮ってきました!この場所です!

チケットを手に入れました!!このチケットはSPAとサウナのみの利用、 WATER PARKは利用できません。プールパークも入れるチケットはインターネットで購入できますが$45です。(詳しくはこちら
$19ってお買い得! 私が見た限りインターネットでは、SPAとサウナのチケットって販売されていないんですよね。友人へのちょっとしたギフトとかにもよさそう!!
キャロルトン店以外のHmartでの取り扱いは未確認です。ごめんなさい!

館内には食べ物、アルコール類、枕、ブランケットの持ち込みは禁止だそうです。

私の家はバスタブあるけど、ゆっくり浸かれるようなバスタブではないので、たまにこういうところでゆっくりお風呂に浸かるとリラックスできますよね。やっぱり日本人にとって、お風呂は大事な文化です!

営業時間などはHPよりご確認ください。
HPはこちら / FBはこちら

KING SPAの帰りに立ち寄ったこちらのレストランもみてね!

追記

アメリカのグルーポンでもKING SPAのチケットが格安で出ていることを知りました。今見ると$15!!安い!時期によって値段は変わるかもしれませんが、行く前にぜひ一度調べてみてくださいね!

アメリカ グルーポンサイトはこちら

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]