【ダンナの話⑥】辛

前回のエピソードはこちら

【ダンナの話⑥】辛

このエピソードは最近ではなく、少し前のお話ですが、いまだに我が家で語り草となっているエピソードです。

某タイ料理のレストランにて、夫と私はそれぞれ料理を注文。辛いものが大好きな夫ですが、注文した麺料理が思っていたよりも辛くなかったそうです。

全然辛さが足りないのだけど、もっと辛味を足してもらうことできますか?

分かりました。辛味調味料足しますね。

まだ、辛くない。もっと辛味を追加してください。

あ、そうですか。じゃぁもっと足してきます。

いや、まだ全然辛くない。もっともっと入れてもらえますか。

え!もっとですか?わかりました。じゃぁ再度追加してきます。

そんなこんなで麵料理は真っ赤に染まりました。

どう?辛くなった?

ん~辛くないけど。まぁいいや。もう食べる。

……3分後……

イタッーーーーーイ!!!!!

え?( ;∀;)どうしたの?

やばい!お腹が…

と言い残して、お店のトイレに10分ぐらい閉じこもってしまいました。私と店員さんで終始大笑い!!
出てきてからも、机に突っ伏したまま…w
可哀そうな反面、自業自得ですから笑いが止まりません。
結局、30分ぐらい席から動けず… なんとか立ち上げり、隣のお店で牛乳を買って一気飲みして少しマシになったそうです。

完全に舌がマヒしていたんやな。それにしても、あの時は大笑いしたよ。笑 楽しいエピソードをありがとう♪

コメント

  1. […] […]