Merry Christmas★ダラスの劇場をシェア~★

アメリカライフで一番期待しているのがやはりクリスマスイベント★
こちらに来てから知ったのですが、多種多様な文化背景を持った人たちが集まる場所(例えばダラス)ではむやみやたらに「メリークリスマス!」とは言いません。クリスマスを祝わない宗教の方もいるからです。そういう時は「ハッピーホリデー」というと皆が気持ちよく受け取ることができます。
同じようにクリスマスカードホリデーカードクリスマスツリーホリデーツリー…など何にでもホリデーに置き換えられるので便利な言葉です(笑)

私にとってアメリカのクリスマスのイメージはやはり素敵なクリスマスソング♪今回念願叶い、クリスマスコンサートに行くことができました。とっても嬉しい!!
このブログ記事では、クリスマスコンサートで行ったコンサートホール含め、3つのホール・劇場をシェアしたいと思います。

Dallas Symphony Orchestra at Meyerson Symphony Center

名前の通り、ダラス交響楽団の本拠地です。何度も前は通ったことがあったのですが、今回のクリスマスコンサートで初めて中に入りました。

中に入るとクリスマスの時期だったので、大きなクリスマスツリーがたくさん飾られていました。家族連れもとても多かったので、皆さん写真を撮られていました。

そして、なんとサンタクロースまで!!
普段ショッピングモールのミートサンタは子供ばかりですが、ここは大人も並んでいたので私も撮らせてもらいました。無料です、最後にキャンディーももらいました。

大理石(かな?)の壁でとても美しく、ロビーもとても広くてきれいです。クリスマスなだけにやはり赤いお洋服を着ている人が多いですね。交響楽団というと、小さなお子様には敬遠されがちですが、4~5歳ぐらいの一人で座れるようなお子様でしたらたくさん見かけましたし、祖父母世代と一緒に来ている人も多かったです。こんな小さいときから聞けたら…うらやましいな!日本人っぽい人も見かけました!

そして、いよいよコンサートホールへ。下の写真は最初に間違えて入った2階席。(笑)めっちゃ豪華★横幅は大きくないホールですが、奥行きがあるんですね。横のバルコニー席もヨーロッパのホールみたい。

私はお金がないので、最上階(4階)のそれも一番後ろ 一席$50の末席を取りました。笑 (下の写真)
舞台からだいぶ遠くなりますが、オペラグラスという優秀なアイテムを持っておりますのでなんとかなります。
ダラス交響楽団はとても素晴らしかったです!久しぶりの生音楽。それでいて大好きなクリスマスソングの連続に心がチーズのようにとろけました。。。
コーラス隊もいました。私は昼間の部を見に行きましたが、昼間の部には子供コーラスもいます。皆さん、たくさん練習したんですかね。とても素晴らしい歌声でした。

Twelve Days of Christmas(クリスマスの12日間)“という有名なクリスマスソングでは、ロビーにいたサンタさんが再度舞台に出てきて、ランダムに(1階の)お客さんを当てて、歌わせるという参加型のものもあり、非常に盛り上がりました。めっちゃ笑った!
アメリカのコンサートではヘンデルのメサイヤ「ハレルヤ」を歌うことがよくあります。今回も前半部の最後の曲は「ハレルヤ」でした。私、高校では必修の曲で歌詞も覚えていますし、 何度も演奏もしたのでとても懐かしかったです。

また、ルロイアンダーソンの「そりすべり」(聞いたらみんな知っている曲)も生で聞けて感激でした。
最後はコーラスを含め、出演者の方が、それぞれクリスマスの帽子をかぶって終幕。下の写真、緑や赤の帽子が見えますよね。本当に楽しかった~♡

他にも感動ポイントがたーくさんあって、胸がいっぱいになって帰宅できました。私はこの末席で構わないので毎年行きたいと思います。これぞアメリカのクリスマスっていう気分に浸れました。

音楽大好きなのでしょっちゅうHPで好きな音楽会がないかチェックしています。次は6月のチケット取りました!ダラス本拠地の交響楽団があって本当によかった♡
HPはこちら / FBはこちら / Instagramはこちら

Winspear Opera House

先ほどのDallas Symphony Orchestraの隣です。下の写真がWinspear Opera House劇場入り口になりますが、夏にはこの裏手の野外の劇場使ってパフォーマンスすることもあります。

Winspear Opera Houseはオペラやバレエを見る劇場となっています。
私が見に来たのは、ダラス拠点のバレエ団 “Texas Ballet Theater(テキサスバレエ団)“です。
1階ロビーにはドリンクバーがあり列ができていました。しかし、事前にアプリでドリンクオーダーができるようで、その方がドリンクすぐ受け取れるようでした。便利だ!

今年の9月に眠れる森の美女、クリスマスにくるみ割り人形をみました。次の5月の公演も予約済みです。家の近所で正統派バレエが見れるのは嬉しい!
テキサスバレエ団はとても素晴らしいパフォーマンスはもちろんですが、演出が他のバレエ団にはない感じでとても面白いです。ディレクターの方、面白い人なのかなぁ~?気になる~

いつも末席ですみません!でもこの席、思っていたより全然見やすかったよ。オーケストラピットものぞけちゃうしね。
眠れる森の美女は$45、くるみ割り人形は割引入れて$40でした。このクオリティーでこの値段は安いね!日本じゃ考えられないよ~。アメリカがとても気軽に芸術に触れることができる点、本当に素晴らしいと思います。

日本人ダンサーの方も数人いらっしゃいます。日本人の方が出ていると、自然と応援したくなりますよね。これからも一人で参戦し続けます!
Texas Ballet Theaterの情報は→ HPはこちら / FBはこちら / Instagramはこちら

Dee and Charles Wyly Theatre

Winspear Opera Houseの向かい側にある、Wyly Theatreはとても小さい劇場のため、小演劇やワークショップなどが開催されているようです。

そして、私は以前ブログでも紹介しましたが、この劇場に出演したことがあります。詳しくはこちらのブログから!

所属している太鼓クラブのみんなであろうことかシェイクスピア劇に出演しました。

舞台が真ん中までせり出ていて、オーディエンスがそれを取り囲むような客席です。2階席もあり。お客さんとの距離はとても近いです。

いつかお客さんの立場で見に行ってみたいなぁ。すごく良い経験でした!

駐車場

いずれも駐車場が用意されていて各HPに記載がありますが、一般車両の駐車場は劇場から少し距離があります。Valet Parking(お店の人が駐車してくれる)もありますが、もちろんお金は高くなります(大体$25~30)。
私を含めて、UberやLyftで来ている人も多いようです。帰りもUberやLyftですが、(経験上)少なくとも5分待てば、車は見つかります。パーキングに駐車予定の方は少し早めに行って駐車された方が無難です。

まとめ

上で紹介した3つの劇場を含め、このエリアにある芸術施設を“AT&T Performing Arts Center”と呼びます。この通り(Flora Street)に、全部並んでいるのでとても分かりやすいですよね。

アメリカは劇、オペラ・バレエ、ミュージカルを見れる機会が本当に多くて、私はこれだけで十分、アメリカい引っ越した意味があると感じるほどです(笑)しかも、クオリティーも高ければ、値段も安い!小さい子供でも気軽に行けるのも素晴らしい★ぜひ、ダラスの芸術に触れてみてくださいね♪

AT&T Performing Arts Centerの情報は→HPはこちら / FBはこちら / Instagramはこちら

コメント