インポッシブルバーガーが食べれる!Hopdoddy Burger Bar!

YouTubeはこちら

先日、アメリカで話題のインポッシブルバーガーについて記事にしました!
まだ見ていない方はこちらから~

今回は現在、売れに売れまくっているインポッシブルバーガーが食べれるお店にやってきました!

Hopdoddy

元々はテキサス州オースティンから始まったお店ですが、今ではテキサス以外にもアリゾナ、カリフォルニア、コロラド、フロリダ、オクラホマ、テネシーにお店を構えるハンバーガーチェーン店です。
今回はダラスアップタウンにあるお店を訪れました!

店内は大きな窓ガラスから太陽の光がたくさん差し込んで、とても開放的。動画でお分かりいただける通り、店内ミュージックも賑やかです。

メニューはこちら。

そして、今回注文したのが2品。
(右側)クラシックバーガー $7.50
(左側)インポッシブルバーガー $12.75

まずは、クラシックバーガーから。いわゆる普通のハンバーガーです。今回はインポッシブルバーガーとの違いがより分かるように、と思って注文してみました。

持ち上げれるだけで、横から肉汁が滴れてきます。チーズも良い感じに溶けていて、写真からでもおいしいのが伝わるかと思います!偽りなく、めっちゃおいしいです!
基本的にお子様でも食べれる薄味なので、パンチが欲しい大人にはマスタードやケチャップを付けた方がよりおいしく感じると思います。

そしてついにご対面のこちら!インポッシブルバーガー
クラシックバーガーに比べると、薄く感じますが、その分頬張りやすさはあります。

さっそく一口、ガブリ!
おーーー!思っていた以上に、普通のハンバーガーに近い!
強いていうならば、かぶりついた瞬間に口の中ではじける肉汁の量が少ない。
それから、インポッシブルバーガーのパティはつなぎが少ないようで、一回噛んだだけで肉がほどける柔らかさがあります。
それでも噛めばかむほど味が出てくるし、大豆感は言われれば感じる程度。目隠しして食べたら、普通のハンバーガーと言われても分からないと思います。これは驚きです!

ベジタリアンやビーガンの方でもこれなら問題なく食べれますし、ダイエット中の方やカロリーが気になる方には最適ですね♪

また、以前インポッシブルバーガーについての記事内にも書いた通り、環境問題や動物保護という観点から考えても、とても有意義なハンバーガーであると思います。

「Hopdoddy」の魅力

Hopdoddyはただインポッシブルバーガーが食べれるお店というだけではないんです。
下の写真、光って見えにくいのですが、とても健康と環境を考えたお店作りをされていることが分かる看板があります。
肉のひき肉は、事前の作り置きや冷凍などを使うことなく、必ず朝従業員の方が仕込みをするそうです。

また、ハンバーガーのバンズ(パン)も隣の工房で自ら焼いているのです。

今回、私たちは飲んでいませんが、ビールも地元ダラスのクラフトビールを提供。その他の食材も可能な限り、地元の農家さんと業務提携し、安心安全で新鮮な食材を心がけているそうです。

最後のデザートのシェイクもこだわりが。正直、シェイクなんてどこのお店も同じかと思っていたのですが、Hopdoddyではシェイクも作り置きなどをせずに、注文が入ってから凍ったミルクで作り始めるという手の込んだ作業をされています。氷などで薄めたりはしていないそうです。甘さ控えめでおいしかったです♡

あっ、スパイシーポテトもいただきました!

というわけで、今はやりのインポッシブルバーガーは思っていた以上に肉感があって、おいしかったです!また食べたいと思いました!
Hopdoddyは他にも気になるメニューがたくさん。健康面や環境問題を意識したお店で各メディアにもたくさん取り上げられています。ぜひ利用してみてください!

HPはこちら / FBはこちら / Instagramはこちら

コメント

  1. […] […]